中野たてもの応援団

歴史的建造物についての勉強会や、建物見学会などを通して、私たちの身近である建物を大切に思う気持ちを共有し、これからの中野のまちづくりに活かしていく方法を探っていきたいと思っています。

>> EDIT

茅葺き民家で野点会

昨年に続き2回目の野点をしました。
茶器もかき集めました。30名限定のお茶会。
2018_4_8_3.jpg 

もちろんお掃除も

2018_4_8_4.jpg

鼻血を出しながら準備するスタッフ 
2018_4_8_2.jpg
きれいなシャガ、お茶花だそうですね。
2018_4_8_1.jpg 

オーナーさんが味噌を作りたいお手伝いも
2018_4_8_5.jpg 

応援団メンバー手作り陶芸に咲いていたツバキ
2018_4_8_10.jpg 

花桃は満開
2018_4_8_9.jpg 

かごに!
2018_4_8_11.jpg 

納屋の前で野点
2018_4_8_8.jpg 

炭の香ですか?と問いかける下條さん。
2018_4_8_7.jpg 

香りは練香でした。
2018_4_8_13.jpg 

この炭の横へいれました。
2018_4_8_16.jpg 

入れ物も素敵
2018_4_8_12.jpg 

お茶のたてかたのワークショップもやってくれました。自服という。
2018_4_8_15.jpg 

味噌作りのための大豆の煮汁でお味噌汁、これがうまい!
恒例のおにぎりやおはぎや、おかず、ケーキ、飲み物などの婦人部の差し入れもありました。
2018_4_8_14.jpg 


次回の定例会は、スマイル中野18時半からです。


スポンサーサイト

| 活動記録 | 23:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

茅葺き民家で野点のお知らせ

2018年4月8日13時から15時まで、野点を開催します。
30名限定 雨天中止です。有料となります。
締切・金曜日まで
2017_4_2_2.jpg 


昨年はトライアルでした。昨年の様子

| 活動記録 | 21:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

「平和の門」(旧中野刑務所) 連続講演会 第2回 4月21日(土)

連続講演会:正門「平和の門」(旧中野刑務所)の活用をめざして! 

近現代史、建築学、郷土史、文学…様々な切り口で、平和の門の価値を見つめ直し、まだ間に合うこれからを皆さんと考えたいという企画です。

第2回目 連続講演会  
『平和の門103歳を祝う…後藤慶二ほか、ゆかりのある人々のお話』 
講師:観音克平氏(建築史家)       
   冨澤睦郎(郷土史研究)

設計者、後藤慶二はどのような想いでこの建物を設計したのでしょうか?…
また、刑務所には、時代がゆえに平和を願いながら多くの思想家などが収監されていました。
平和の門103歳を祝いながら、この建物を作った人、その空間に身を置いた人たちを偲んでみたいと思います。はじめに昭和58年解体時の記録映像「光の中に消えたレリーフ」を上映します。

日時:2018年4月21日(土)PM2:00~4:30頃
場所 新井区民活動センター2階
(講演後、裏側から門を見学し、建築専門家が解説します。)
■参加費:¥500(資料代、お茶代)
平和の門を考える会 https://www.facebook.com/heiwanomon1915/
申し込み: heiwanomon@tubu.jp FAX03-33876843 
09080560327 そがわ

平和の門は、丁寧な煉瓦積みの建物で我が国の煉瓦造建築の到達点を示す貴重な作品と言われてお

ります。今から103年前に建てられた刑務所の唯一の遺構ですが、現在、この場所に区立小学校建

設が予定されています。私たちは明るい小学校建設を第一に望んでいますが、門がこのままあって

こそ、どこにもないユニークな学校になるのではと、門の存続を皆様へ呼びかけています。


チラシ


| 情報 | 20:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

代官山無垢里

中野・杉並・文京たてもの応援団の女子会で無垢里へ行ってきました。
杉並たてもの応援団メンバーでもある金田さんの事務所です
代官山駅徒歩5分くらい
2018_3_27_1.jpg 

はいってすぐのギャラリーで陶器の個展してました
2018_3_27_3.jpg 

奥はカフェ。アイスチャイと無垢里モナカ
金田さんのお父様が青山で働いていた和菓子店を独立し、60歳で開いた和菓子屋で
売っていたモナカ、当時の木型を使い、レシピも当時のレシピ、で作っています。
美味しかった。
2018_3_27_4.jpg 

一級建築士金田さんが昭和36年築のアパートと大家の家を買い取り、リノベーションしました。
なんと!2階へ上る階段に窓があります・。
2018_3_27_5.jpg 

小屋組み
2018_3_27_6.jpg 

土佐漆喰、赤土を一対一でまぜたので、ベージュになった 
2018_3_27_8.jpg 


特別に中庭から
2018_3_27_7.jpg 

下地窓 

2018_3_27_2.jpg 

もう30年立つと感慨深げに説明していただきました。
代官山無垢里はこちら

| 活動記録 | 00:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

中野区鷺ノ宮商店街の昭和35年

昭和35年(1960年)に営業していたお店で、2018年3月現在も営業を続けているお店に聞き、鷺宮の住人に聞き取り調査をしてまとめました。昭和39年に東京オリンピック、その4年前、川を暗渠に、妙正寺川の護岸工事、白鷺の公社西住宅の竣工が昭和36年という時代背景でした。

鷺ノ宮駅
2018_3_16_5.jpg 

多くの鷺宮の子どもたちの遊び場だった御嶽神社は、鷺 小の先、現鷺宮図書館そばにありました。通称おみたけ さんと呼ばれていました。 ターザンごっこ、面子、ジェットコースターなどで遊び ました。 
2018_3_16_7.jpg 

臼井自転車とたなか化粧品店と三一堂文具店
2018_3_16_6.jpg 

現セブンイレブンの前は多田電気店でした
2018_3_16_4.jpg 

酒屋の伊勢勇店辺り
2018_3_16_2.jpg 

創業100年の川和たばこ店
2018_3_16_1.jpg 

JR中野駅ガード下に2018年3月16日から31日まで展示しました。
地図はこちら
写真は鷺ノ宮図書館6階鷺ノ宮文庫にある昭和33年頃の写真です。
私の祖母は三岸節子、昭和35年頃まで鷺宮のアトリエで制作していたので鷺ノ宮の住民は覚えてくれていました。
中野たてもの応援団広報担当三岸アトリエ主宰山本愛子



| 活動記録 | 21:44 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>