中野たてもの応援団

歴史的建造物についての勉強会や、建物見学会などを通して、私たちの身近である建物を大切に思う気持ちを共有し、これからの中野のまちづくりに活かしていく方法を探っていきたいと思っています。

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

鷺ノ宮まち歩き

お彼岸の2017年3月20日に、ナカナカまっぷ作りのまち歩きその2として鷺ノ宮を歩きました。
西武新宿線鷺ノ宮駅集合13時半でした。
2017_3_20_2.jpg 

まずチェキを手にしてフイルムを入れました。
気がついた写真を撮影し、まち歩きが終わったらマップを作り貼っていきます。
2017_3_20_1.jpg 

新青梅街道と中杉通りの交差点 昭和10年築、同じ棟梁の家が新井薬師にもある
2017_3_20_3_20170321011614e34.jpg 

今日は撮影スタジオとして使用中のため見学不可だった三岸アトリエの裏の駐車場でおなじみ群馬野菜の新右衛門さんにお話を聞く。毎週月曜日に野菜市開催。
昔は、上鷺宮籠原という地名もあった。宮前、籠原と言っていた。
白鷺と上鷺宮の祭りでは妙正寺川をはさんでで樽をぶつけあった。小学校の運動会は町名対抗レースがあった。村中でゴザをひいてみた。大野は多いので屋号でよんでいた。それが新右衛門。
600年続く大野家28代目の当主大野さん
2017_3_20_4.jpg 

新右衛門の話を聞かないで野菜を買う婦人会の面々
2017_3_20_5.jpg 

上鷺サクラ通りにバリカーがありました。車をバリアするからバリカー。
2017_3_20_6.jpg 

住まい塾、高橋修一設計の家、白井晟一の弟子だそうです。
2017_3_20_7.jpg 


腕章をつけてガイドするスタッフSさん
2017_3_20_8.jpg 

上鷺宮の現役農家、高垣の後ろに洋館付き住宅があります。
昭和40年代まで普通に見えた景色も少なくなった。
2017_3_20_9.jpg 

珍しい雑垣のある古民家
2017_3_20_10.jpg

洋館付き住宅、瓦屋根が和館、フランス瓦のとこがステンドグラスがある。
昭和8年築
2017_3_20_11.jpg 

昨年の夏に白井晟一設計の家が解体されると言うので応援団で実測調査をしましたが、その後、8棟の新築が建っていました。
2017_3_20_12.jpg 


スポンサーサイト

| イベント | 01:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

2017年3月20日鷺ノ宮まち歩き募集開始

カナカまっぷを作ろう
中野たてもの応援団 presents  vol.4
~まちあるき&ちずづくりワークショップ~

中野たてもの応援団では、中野の中のなかなかのモノ=略して「ナカナカ」を、まち歩きをしながら探し、地図にしていくワークショップを開催しています。魅力的な風景、涼やかな木々、ホッとする公園などなど、「ナカナカ」なモノは何でも構いません。一緒に歩いて、あなたの「ナカナカ」を教えてください。きっとその積み重ねが、中野の魅力を掘り起こし、未来の中野の姿を描き出すことにつながっていくに違いありません。3月20日は中野最北部の鷺ノ宮エリアを歩きます。途中、中野たてもの応援団による街並み解説も行う予定です。

と き:2017年3月20日(月祝) 13時30分~17時30分

ところ:鷺宮駅改札口(変更しました)


※13時30分~15時30分…まち歩き/15時30分~17時は、鷺ノ宮区民センターで地図作りのワークショップを体験していただきます。

【持ち物】撮影のできるスマホ、またはカメラ、ボールペン等の筆記具。
歩きやすい格好でお越しください。


【申し込み】t_tsuchiya@hotmail.com へメールください。(3/17締切)

試し歩きしました。こんな感じで歩きます。
2017_3_5_2.jpg 

| イベント | 21:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

鷺宮村から賑わいの鍋横まで歩こう

中野たてもの応援団 新春イベント

鷺宮村から賑わいの鍋横まで歩こう

江戸時代、中野の北部、農村だった鷺宮地域の人々は、ハレの日の買出しに、青梅街道まで歩いて行ったそうです。朝早く出て、どこを通って行ったのでしょうか? 帰りの背負子の中には何が…?
かつての暮らしぶりに想いをはせ、運動不足の解消にも、一緒に歩きませんか?

■日時   2017年 1月8日(日)10:00集合
■集合場所  白鷺の森茅葺民家の東側の門
■申込不要  団員、お知り合い、どなたでもお気軽にどうぞ。
■参加費なし
■昼飯    四季の森公園にて昼食休憩(弁当持参か、この辺りで購入可)

■道順  (道順は予定です。変更することもあります。16:00頃解散予定)

 H邸の門~蓮華寺~鹿鳴公園~八幡神社~荒牧医院~大場通り~四季の森公園~桃園町住宅地~一誠荘、河井医院跡地~中野通り~追分~五柱五成(ごしゃいなり)神社

途中参加も可。今どこを歩いているか、お電話ください!
歩きやすい靴でお越しください。
小雨決行です
連絡先:十川09080560327

| イベント | 11:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

まち歩き・中野坂上のお知らせ 11月20日

なかのまちめぐり博覧会2016参加イベント 
まち歩き+魅力発見!『歩いて・見て・感じた中野をマップにしよう』再募集のお知らせ
2016年11月20日(日) 13:00~17:00

ご好評の声とともにお問い合わせの多かった今回の企画について、改めて募集のお知らせをいたします。今回の企画は、「まち歩き」と、歩きながら、みんなで中野の新しい魅力を見つけようというイベントです。

まち歩きは、かつての中野のメインストリートを辿るルートです。中野の古刹、宝仙寺にはかつて中野町役場が置かれていました。今はビルが林立する青梅街道ですが、かつては中野の中心地で、地場産業であった製粉や醸造に関わる商家などが軒を連ねていました。戦災に会いながらも、町にはかつての地形が残り、神様を祀り、人々の生活は連綿と続いてきました。

スタッフが何度も、まち歩きルートを試し歩きし、ようやく下記の通りルートが決まりました。普段目にすることのない、名建築や戦火を生き延びた人々の暮らしを一緒に辿りましょう。

また、新しい中野の魅力のことを、私達は『中野の中の、なかなかのもの』略して“中なか”と呼ぶことにしました。

今回は、まち歩きをしながら、みんなで“中なか”を見つけようという取り組みです。地図を作るのはその記録作業。あなたが見つけた“中なか”を記録して、中野の新しい地図を作っていきましょう。

主なルート

宝仙寺山門集合→ヤマ政醤油醸造所の煉瓦塀→明徳稲荷→フランス瓦の小住宅→白玉稲荷→慈眼寺(移築された追分道標)→丘の上の近代住宅群→桃園区民活動センター

0_20161114234252732.jpg 0 (1)


変更がありますのでご注意ください。
12月11日(日)13:00~、同会場にて地図作りの続きを行ないます。

これはトライアルで作成した団長作の地図です。こんな感じにできたらいいですね。
2016_11_14_2.jpg 

昭和16年の地図を持って歩きましょう!
2016_11_14_1.jpg 

デジカメのある方は できるだけメモリーを空にしてお持ちください
主催   中野たてもの応援団
集合場所 宝仙寺山門(中野坂上駅徒歩10分)
最終地点 桃園区民活動センター(中野駅徒歩10分)
参加費  500円
問合わせ 中野たてもの応援団   当日連絡先TEL09080560327
残 16名です。お早めに!
お申込締切は、11月18日まで!


| イベント | 23:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

11月20日のまち歩きのお知らせ

歩いて・見て・感じた中野をマップにしよう

11月20日(日) 13:00~17:00
まち歩き後はワークショップ作り
皆さん、まち歩きはお好きですか?

素敵な建物に出会ったり、緑に癒されたり、町を彩る様々なものに気づいたり
…。ワクワク、ドキドキしますね。これをそのままにしていたらもったいない
。ということで、まち歩き後集まって、見て来たものを整理して楽しい「まち
歩き地図」を作ります。

内容

宝仙寺山門集合→グループに分かれて町のワクワクやドキドキを写真などに記
録します。→桃園区民活動センターに集合し、歩いた感想や一押し写真の発表
などのワークショップをしながら地図を作ります。後日、地図作りの続きを行
なう予定です(日程場所未定)

定員 30人(先着順)※小雨決行

申込方法 11月1日から15日までに 住所、氏名(2名まで)、電話番号を明記
して、下記まで
FAX 03-3387-6843  
ブログURL:http://nakanotatemono.blog.fc2.com/ 

主催   中野たてもの応援団

集合場所 宝仙寺山門(中野坂上駅徒歩10分)

最終地点 桃園区民活動センター(中野駅徒歩10分)

参加費  500円

問合わせ 中野たてもの応援団

| イベント | 00:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>