中野たてもの応援団

歴史的建造物についての勉強会や、建物見学会などを通して、私たちの身近である建物を大切に思う気持ちを共有し、これからの中野のまちづくりに活かしていく方法を探っていきたいと思っています。

<< 2012-08- | ARCHIVE-SELECT | 2012-10- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

第10回定例会

9月24日、スマイル中野で10回目の定例会が開かれました。
大雨の中、11名出席しました。
先月に続き期待の大型新人Tさんが入団しました。

旧河井医院お別れ見学会報告
8月23日調査、26日見学会63名参加しました。
9月3日部材取外し作業をしました。
今後、この部材をどこへ置くか、考えましょう。

10月の定例会は中野区男女共同参画センターを一度使ってみましょう。

9月23日の上高田町歩き報告
大雨でしたが、13名が参加し、垣根、土日画廊、鈴木家、細井家を回りました。

神田須田町柏山邸で団員の山田さんが東京新聞の取材を受けて、中野たてもの応援団の名前を広めていただきました。

交流
まちネットに参加、南豆製氷所への要望書提出 越谷宿のイベント

次回の町歩き
中野刑務所、その他
10月21日沼袋集合

澤田さんからのおすすめ図書
「惜檪壮だより」

定例会は1時間ほどで終了し、その後は団員の夏の思い出をプロジェクターで見ました。
安楽さん フランス旅行、サヴォア邸他、きれいな建物の写真が多かったです。
鈴木さん、イギリス旅行、鉄道写真のみでしたが、色がきれいでした。
小西団長、神田須田町柏山邸、田村邸、大野邸、の更地の写真、建物がなくなっていくのはさびしいですね。

次回定例会11月2日金曜日です。
スポンサーサイト

| 定例会 | 00:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

上高田町歩き

上高田界隈は中野の農家の原風景を残している少ないエリアです。
細井家と鈴木家は近いので、土日画廊と合わせて見学しましょう。



雨が降ってましたが、西武新宿線新井薬師駅に13時半に待合せ、応援団伊郷先生の説明を受けています。
14名参加。入団希望のTさんも初参加です。 わりとよく気がつき機敏に動く男性、希望の新人です。

2012_9_23_1.jpg

垣根の垣根の曲がり角 たき火だたき火だ落ち葉焚き~ の童謡にでてくる垣根を見学。
作詞の巽聖歌の仮住まい、中野区上高田付近の冬の情景を詞にし、豊島区清和小学校の先生、渡辺茂が作曲しました。応援団Sさんの小学校時代の音楽の先生だそうです。

2012_9_23_2.jpg

たき火の歌の発祥の地

2012_9_23_10.jpg


この垣根は鈴木家住宅の垣根です。
明治時代に移築した木造平屋は大きな木が何本もありました。

2012_9_23_3.jpg


その向かい側に「土日画廊」があります。

2012_9_23_4.jpg

外観はこんな普通のアパート。
経営者の板橋さんからお話を伺いました。
1971年築アパートを改造し、17年前から始めた画廊経営は最初は手探りでした。
壁が多い部屋をうまく使ってるとの応援団伊郷先生の説明でした。


2012_9_23_5.jpg



内田かずひろ個展「マドノコバコ」好評開催中。
9月30日まで。木~日12時~19時
内田ブログ

2012_9_23_6.jpg



2012_9_23_7.jpg


竹 田 邦 夫 展
2012.10.5(金)~10.7(日) 12:00~19:00


鈴木家は庭先から見学しました。
当初茅葺き屋根だったが、昭和15年に屋根を変えた。
ムクリヤネといい、膨らんでるような屋根です。
上は勾配がゆるく、下になると急になってる。神社の逆の屋根。
昭和30年までに、土間が必要なくなってきたので、玄関を付けるように改装が流行。
たくわん小屋が庭にあるので、土間が必要なくなってきた。土間を洋館に変えたりした家が多い。

2012_9_23_8jpg.jpg

中野の納屋の特徴は、ひさしが大きい。
数々の年中行事を忠実にこなしている貴重な家だそうです。
2012_9_23_9.jpg



細井家の空井戸、古井戸の底には那智黒の石があった。
2012_9_23_12.jpg


継根といって、上は大工さん、下の部分は石屋さんの仕事

2012_9_23_11.jpg


安政4年以前、156年前の家にご当主は夫婦で住んでいます。
当主の叔母さま、96歳と84歳がいらして、昔を語っていただきました。
この家で産まれ育ったそうです。
たくわんを、つけたり、物置で、味噌を作ってた。たくわんは、練馬、鷺宮が本場。
農家と言うのが恥ずかしかった。青梅街道沿いが、もっと発展してた。
この家が建つ前年に江戸の大地震だった。
父親は、生鮮品、野菜、柿を神田まで売りに行った。

2012_9_23_13.jpg

14.3メートルの杉の桁、桁は屋根と同じ向き、梁は直角の向きを言う。
2012_9_23_14.jpg

昭和5年に大改造し、ガラス戸も玄関も作った。
この家は冬が寒い。
2012_9_23_22.jpg

ご当主の奥様手作りの、パナマの民族刺繍モラがステキ
2012_9_23_15.jpg

太い梁にびっくり
2012_9_23_16.jpg

大阪障子、夏は取り外すと風通しがよい。
2012_9_23_17.jpg


玄関をはいったところ。

2012_9_23_21.jpg


とても古い貴重な写真、大八車のブレーキ、馬具など、保存してありました。
2012_9_23_20.jpg

風景に溶け込む団員Yさん

2012_9_23_19.jpg

| イベント | 00:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

伝技塾からのお知らせ

伝技塾からのお知らせです。



石は力強い存在感のある材料ですが、石の空間に包まれているとなぜか柔らかな温もりを感じます。身近な材料として石蔵、基礎石、門塀、擁壁、また屋根材にも使用されてきました。加工技術が進むにつれ、かつての手仕事の技は失われ、また輸入品に押されているのが現状です。
  今回の伝技塾では関東の石を中心にその歴史を辿り、石本来の魅力を今後に活かす課題に向き合ってみたいと思います。

坂長 石蔵(古河市)
無題


第1講  10月 3日 (水)
『伝統技法研究会の建物調査から』
 『江戸・東京の都市空間と石材』  講師:金子浩之
        (伊東市教育委員会・日本考古学協会員)

第2講  11月16日 (金)
     『大谷石蔵の構造補強について』
 『大谷石建築の構法と歴史』    講師:小西敏正
      (宇都宮大学名誉教授・札幌市立大学)

第3講  12月12日(水)
    『石工の技術の変遷を通して』   講師:小林善勝
    ((有)日本石材研究所・(株)小林石材工業)
※体感ツアー 11月25日(日)参加費別途
『房州石の採石場跡を訪ねて』案内人:鈴木裕士(金谷ストーンコミュニティー委員長)

・会  場:東京芸術劇場 シンフォニースペース(池袋西口駅前) TEL03-5391-2211
・時  間:18:30〜21:00 (開場18:15)      
・定  員:各90名(要申込)        
・申  込:伝統技法研究会(大澤)TEL/FAX/メール TEL 03-3367-1165FAX 03-3367-1175   
・参 加 費:一般2,000円 (3回通5,000円)  メ-ル: dengi@kta.biglobe.ne.jp
伝技会員1,500円(3回通4,000円)・学生:500円

| 情報 | 00:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

上高田町歩きのお知らせ

中野たてもの応援団、9月は、寺町として知られる上高田を歩きます。
江戸期から関東大震災以前の農家の屋敷構えを今に伝えるH家、同じく農家の遺構を残し、童謡「たき火」発祥の地でもあるS家、戦後の住宅をギャラリーとして活用している「土日画廊」、萬昌院功運寺などを巡ります。


9月23日(日)13:30~16:00頃
集 合: 西武新宿線新井薬師前駅南口
参加費:500 円(資料代・手土産代として)
参加申込:中野たてもの応援団事務局まで

詳細

| イベント | 00:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

旧河井医院での作業

先週の日曜日にお別れ見学会があり、あと数日で取り壊されるので、レリーフなどを外して保存という作業を、杉並たてもの応援団メンバーと一緒にしました。

玄関すぐ上のレリーフ、まわりを板で固めて、ノコギリで切ります。
2012-09-03-5.jpg

野縁、のぐちがひっかかってる?
接木が切れない? などで作業が難航しましたが、なんとか外せました。
2012-09-03-1.jpg

外した跡

2012-09-03-14.jpg


とりあえず倉庫に置いておくことになりました。
2012-09-03-10.jpg

玄関を入って突き当りの壁の上のきれいな赤い電球も取り外しました。

2012-09-03-3.jpg

磨けばもっときれいになるそうです。
2012-09-03-4.jpg


玄関上のステンドグラス、はめ込みがケンドンになってました。
2012-09-03-12.jpg


なんとか外せました。
新築のマンションに使ってもらえないか提案することになりました。

2012-09-03-13.jpg


ラベルなどを丁寧にはがす団員
2012-09-03-8.jpg

レトロな雰囲気のラベルや表札類

2012-09-03-2.jpg


階段の手すりを切る団員


2012-09-03-6.jpg


記念モニュメントにならないか?

2012-09-03-7.jpg


玄関脇のきれいなみどりのステンドグラス
2012-09-03-9.jpg

外す作業中に割れてしまいましたが、残りの部分を使うそうです。

2012-09-03-11.jpg


解体されますが、建物の一部は有効利用されるそうです。

| 活動記録 | 01:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |