中野たてもの応援団

歴史的建造物についての勉強会や、建物見学会などを通して、私たちの身近である建物を大切に思う気持ちを共有し、これからの中野のまちづくりに活かしていく方法を探っていきたいと思っています。

<< 2012-09- | ARCHIVE-SELECT | 2012-11- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

石渡鵞遊展のお知らせ

石渡鵞遊展
七曜~天からの贈り物~
2012 年 11 月 3 日[祝]・4 日[日]
10 時-18 時(入場無料)
昭和の家 足立区竹ノ塚
協力/ 昭和の家・杉並たてもの応援団・和翠塾

住所はお問い合わせください。
セキュリティのため書いてません。

詳細
スポンサーサイト

| 情報 | 23:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

旧前田侯爵家駒場本邸

旧前田侯爵家駒場本邸が文化財ウィークで期間限定の特別公開をしています。
1階中庭の「壁泉」と「渡り廊下」をボランティアがガイドが案内します。

名称未設定-1

2012年10月27日~11月4日まで
期間中1日6回、1回60分
午前、10時、10時半、11時
午後、2時、2時半、3時
特別公園のガイド 1回15分 期間中の土・日 午後1時~2時
申込み 不要 費用無料
目黒区駒場4-3-55 目黒区立駒場公園内
京王井の頭線「駒場東大前」徒歩10分

詳しくはこちらのパンフ

| 情報 | 23:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

昭和の家で書道展

石渡鵞遊展
七曜~天からの贈り物~
2012年11月3日[祝]・4日[日]
10時-18時(入場無料)
昭和の家


協力/ 昭和の家・杉並たてもの応援団・和翠塾

本日読売新聞朝刊に掲載された昭和の家

1.jpg

| 情報 | 19:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

安田邸イベントのお知らせ

旧安田楠雄邸庭園

「重陽の節句」10/24(水)〜28(日)5日間連続公開
10時半~4時(最終日3時まで)

五節句のうち、九月九日は重陽の節句です。一番大きな陽の数(奇数)が重なる日で、陽が極まって陰(凶)に転じないように儀式を行ったことに由来します。菊を用いて、無病息災を祈ることから、菊の節句とも言います。旧安田楠雄邸では、今年も定番行事としてさまざまな菊にまつわるイベントを行います。

入場料500円
山手線 日暮里・西日暮里駅徒歩15分
千代田線 千駄木 徒歩7分

詳細
http://www.leia.biz/atelier/event/yasudatei.pdf

| 情報 | 19:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

町歩き「旧中野刑務所と新井の住宅」

先月とはうってかわって快晴にめぐまれました。
西武新宿線「沼袋」駅に13時半集合、資料代100円を払って、注意事項を聞き出発。
14人の参加、3名は応援団外参加でした。
2012_10_21_1.jpg

まずS邸、昭和12年築
2012_10_21_4.jpg


格天井(ゴウテンジョウ)
2012_10_21_3.jpg

空気取りにもちょっとしたデザイン
2012_10_21_2.jpg

回転窓の欄間

2012_10_21_5.jpg

当主様が説明してくれました。

新井小学校の一期生だそうです。
昭和20年4月13日に空襲、焼夷弾があたった。オヤジが消した。
5月25日は、大きな空襲で母が消した。身体に水をかけて、一人で消したが、火脹れになった。
この家で死なないとどこの誰かわからないと思ったそうです。

みんな焼けて、近所の人が避難に泊まっていた。
ここは、分譲地だった。
軍医が多く住んでいた。所沢、三宅坂、立川へ通うのに便利だった。
戦後の土地区画整理で3割を取られ、竣工から10数年後に曳家したので、土台がきれいになった。
それがよかったのでもっている。
屋根瓦の大きさが違うので、いまはないので困ってるそうです。

中野刑務所門 大正4年築 後藤慶二設計

今から29年前に解体となり、保存運動がおきて、正門だけ残った。
市ヶ谷の監獄がうっつてきた。
政治犯思想家が収監されていた。大杉栄、荒畑寒村、亀井勝一郎、小林多喜二等


2012_10_21_11.jpg

イギリス積み煉瓦の話を小西団長から聞くみなさん
2012_10_21_9.jpg


1枚の下が小さい煉瓦3枚がイギリス積み
2012_10_21_15.jpg

裏側の一部はオランダ積み。間に小さい煉瓦が入ってる
2012_10_21_13.jpg

天井の漆喰は、昨年の地震で一部が欠損したのではがした。
2012_10_21_7.jpg

壁をななめにするために。三角にした。
2012_10_21_6.jpg


マンサート屋根だけが木造。三角部分はデザインのためだろうと思われる。
2012_10_21_14.jpg

横の部分

2012_10_21_12.jpg


煉瓦は受刑者が焼いたそうです。

路地裏を歩いてD邸へ
2012_10_21_10.jpg


D邸
13年築、戦災もこの1角だけ残った。
この辺りは、赤松の林だった。当初は、スレート瓦だったのを変えただけ。
玄関は大正ロマンのスパニッシュ作り
当主様から説明していただきました。

2012_10_21_16.jpg

最後は大場通り、現在の早稲田通り沿いのK邸
昭和12年築の米屋 出桁建築

2012_10_21_20.jpg

当主様が説明してくれました。
昨年の地震で屋根瓦が落ちたので取り替えました。
現在は工場、2階は住居、工場では細かい細工をしています。
息子さんが新座で工場を経営していて細かいものだけここで作ってるそうです。
梅ちゃん先生にでてくるノブの工場みたい。
2012_10_21_22.jpg

節が抜けるので、無節の板

2012_10_21_21.jpg

1階は中庭も室内?昔の玄関より外側に現在の玄関があsるので。
室内に出桁
2012_10_21_19.jpg

室内に柿の木、1年おきに二股に分かれた木に実がなるそうです。
2012_10_21_18.jpg


みごとな大瓦

2012_10_21_17.jpg

16時となったので、一旦解散し、有志だけで中野ブロードウェイ先の建築を見学に。

土曜日だけここで医院を開業している。
2012_10_21_24.jpg

町歩きの最後は、中野新名所のセントラルパークでパンケーキ!

2012_10_21_23.jpg

| イベント | 23:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

旧中野刑務所から新井町の町歩き

中野たてもの応援団恒例の町歩き3回目となります。
レンガ造建築の最高峰といえる旧中野刑務所正門(大正4年、後藤慶二設計)を訪れます。

刑務所正門


また、このあたりは戦災に遭わなかったので戦前の優れた意匠の住宅が残されています。
中野駅方面へと歩き、このような住宅や早稲田通りの商家も見てみたいと思います。               
○ 日 時: 10月21日(日)13:30〜16:00頃
○ 集 合: 西武新宿線沼袋駅南口(所沢・本川越方面ホーム側の改札口)
○ 資料代: 100円
○ 参加申込: 中野たてもの応援団事務局まで 
Eメール:y-sogawa@tubu.jp FAX 03-3387-6843


チラシ

| イベント | 22:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

『信州 中山道と宿場町見学会』(ナショナルトラスト民家町並みサークル主催)

『信州 中山道と宿場町見学会』ナショナルトラスト民家町並みサークルからのお知らせです。

無題


長野県内の中山道というと、妻籠や奈良井など南西部の宿場が有名ですが、県東部地域の宿場はこれまで目立って観光地化されることもなく、知る人ぞ知る、という印象でした。しかし、そこに住む人々の生活が感じられる自然な姿の歴史的町並みは大きな魅力といえます。
今回は、ちょっとマイナーな存在である長野県東部の中山道の宿場町をご案内いたします。皆様お誘い合わせの上、奮ってご参加ください。

clipboard.jpg



日時:11月10日(土)、11月11日(日)

■集合場所:池袋駅西口東京芸術劇場前

■集合時間:11月10日(土)午前7時30分

■解散時間:11月11日(日)午後8時頃

■ 主な見学先:和田宿(本陣、かわちや)、芦田宿(本陣<長野県宝>、金丸土屋旅館.etc)、茂田井(武重本家酒造<登録文化財>、大澤酒造.etc)、望月宿、塩名田宿、旧中込学校ほか

※見学先は変更することがあります

■宿泊先:春日温泉もちづき荘 0267-52-2515

■費用:¥23,000
サークル会員外は¥25,000
お申し込みいただいた方には、振込口座のご案内をお送りしますのでお手続きをお願いいたします
宿泊代、交通費、見学料(一部実費)および1日目の夕食と 2日目の朝食代が含まれます)

■募集人数:20名(申込締切時で10人に満たない場合は、催行を中止いたします)

■申込締切:10月12日(金)19日でも可

■申込先:(財)日本ナショナルトラスト事務局 03-6830-8511

■担当幹事:大澤紀和

■当日連絡先:大澤 090-1828-6324


● 日帰り参加も可能です。
1日目のみでも3ヶ所の宿場を見学しますので十分満喫していただけると思います。

申込期限は明日12日(金)でしたが、1週間延ばして19日(金)までとしました。

秋深まる信州での建築紀行にぜひお越しいただければと思います。


お申し込みは、

ナショナルトラスト事務局
電話:03-6380-8511

または、大澤まで
電  話:090-1828-6324
Eメール:cima-premium-gt@kzh.biglobe.ne.jp



チラシはこちら

| 情報 | 21:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |