中野たてもの応援団

歴史的建造物についての勉強会や、建物見学会などを通して、私たちの身近である建物を大切に思う気持ちを共有し、これからの中野のまちづくりに活かしていく方法を探っていきたいと思っています。

<< 2012-12- | ARCHIVE-SELECT | 2013-02- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

2013.1旧豊島区立千川小学校見学会「庇」とモダンデザイン

3階建ての校庭に面してきれいな立面をもつ旧豊島区立千川小学校[昭和40年の竣工][fig.01-06]。
どこにでもありそうな小学校ですが、どこにでもある重要なものが建物上部に廻る「庇」です。
この庇は壁面を雨から保護し、長持ちさせるための重要な要素。庇がなくて今一番困っていそうなのは現在の東京都庁でしょうか?
今回の見学会の感想を団員で、日本大学大学院安樂が少し長いですが、書かせていただきました。

1301_01-06_senkawa.jpg

庇は雨が多く、湿潤な気候である日本で、建築を語る上では重要な要素。それは近代的なオフィスビルでも継承されてきました。その代表は全国各地の主要都市に建つ中央郵便局の建築。東京では東京中央郵便局[fig.07](吉田鉄郎設計、竣工1933[昭和8]年)ですが、その表面のみしか残っていませんので、「逓信博物館(小坂秀雄設計、竣工1964[昭和39]年)[fig.08](将来再開発が決定)」がよりわかりやすいものとして残っています。既に破壊された大阪中央郵便局[fig.09](吉田鉄郎設計、竣工1939[昭和14]年)がその中でも名作でした。他にも福岡[fig.10](博多・こちらも再開発が決定)はじめ多くの建築がまだ残っています。

1301_07-10_tokyopost.jpg

白い箱の建築というのは日本では1920年頃から欧米のモダンデザイン、その中でもドイツの美術・工芸学校「バウハウス」が主導した建築デザインです。それらの建築は欧米ではその多くが鉄筋コンクリートで作られましたが、日本では住宅などは鉄筋コンクリートでつくるのは容易ではなく、その多くは木造で建てられたものがほとんどでした。その代表作品は東京ではどちらもバウハウスで留学経験のあった山脇巌設計の「三岸アトリエ」[fig.11](竣工1934[昭和9]年)と土浦亀城設計「土浦亀城邸」[fig.12](竣工1935[昭和10]年)です。「三岸アトリエ」は木製サッシュにガラスの壁面に螺旋階段をもつまさにモダンデザインの理想を追求した庇のない作品。一方の「土浦亀城邸」は庇があり、こちらは今でも竣工時のスチールサッシュが現在でも保たれています。理想か、現実か、この二つの作品は日本のモダニズム住宅において重要な作品であることは間違いありません。ただ現在はそのどちらも危機的な状況です。

1301_10_negishiatelier.jpg

話は戻りますが、ではなぜ戦前に日本に入ってきた建築デザインが昭和の40年代の小学校建築にまで継承され続けたのか。それはバウハウスの建築が当初からその建物に必要な用途に最適なプランを追求する機能主義と、それらを効率よく生産するという合理主義を上にたっていたからで、そのデザインは当時の若い建築家だけの一時的な熱狂でおわることなく、全国の公共施設の設計を主に行う営繕部の所員までにも浸透し、戦後も病院のように日進月歩の如くその中身が変化するものと異なり、授業体系が大きく変化することがなかった小学校で長年引き継がれたのでしょう。

ただその小学校も学校の授業形態の変化や、そもそもの学童数の減少により、廃校が相次いでいます。千川小学校も既に廃校から10年が過ぎようとしています。廃校時に一年生だった生徒も卒業し、かつての卒業生もいなくなる時まで地域施設としておいておく、これは近年の建築物の壊し方でもっとも問題で、大阪中央郵便局や丸ノ内の三信ビルのように解体後、多目的広場と称して人々の記憶が過ぎ去る時まで建物を放置するなどしてから再開発へ至る手法です。

建築は社会をはじめ、都市や人々の記憶の器です。
その歴史の器を短期的な見積で失い続ける日本には、ただ借金が残るだけではないか。日本はギリシャのようになるのではないか。これは経済の話もありますが、建築のどれだけ歴史が残っているかという話です。ギリシャにはパルテノンとアクロポリスしか歴史的な建築はありません。
日本もガラスで覆われたビルか、狭小の建て売り住宅ばかりの「ギリシャ」のような国に自らなろうとしているのか。そう思われてなりません。
(文・日本大学大学院建築学専攻修士1年 安樂駿作)



スポンサーサイト

| 活動記録 | 22:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

旧千川小学校

昭和46年築、旧千川小学校は、取り壊しがほぼ決定しています。
亀井さんの呼びかけでミニ街歩きで歩きました。平日の午後参加者は5名でした。
豊島区は財政難なので、土地など無償で貸して介護施設か保育園を作ろうと計画している。
どうにかこの素晴らしい建築を有効利用して使って、なんとか残してもらいたい。
詳細はこちら

2013_1_24_6.jpg


昭和50年代の現代合理主義建築、すつきりしている。
柱が均等割り。柱と梁との構成は、窓がピッタリしてる。柱いっぱいにぴっちりおさめるのは、技がいる。小壁がないのがすっきりしていてよいこだわりの建築だ。
階高をちぢめていく。1階と2階の高さがちがう。開口部は構造体につける。

横幅が100メートル近くある。
校庭との空間がバランスが良い。

2013_1_24_1.jpg


ひさしがぐるーと1周まわってるのは、まさに現代合理主義のスタイルを踏襲している。
2、3階にひさしがまわってる建築もある。実際より高くみえる。
この小学校は、引きの空間をみせる工夫がある。
ひさしによって、外壁のもちがよい。


建築自らレクイエムを奏でているかのようです。 
郵政スタイルと文部省スタイルをつなぐ、合理主義建築で、3層のトップ全周に庇を回し、余計な増築物も小壁もなく、十分に広い前庭を持ち、100メートルに及び、堂々として品の良いこの建築は、無言で、人々に建築文化を語りかけてきます。
昇降口の床や階段手すりの人研ぎ仕上げなども、クラックの一つもない出来です。
教室の使い込んだフローリングもしっかりしたもので、小生にはこのような事態になったことが理解できないのですが、こうした発言に激怒する向きもあるようです。

価値ある建築には「引きの空間」が大切で、この空間のデザインも当然大切となること。
本来は、そうした空間が建築物とセットで街区ににデザインされているべきこと

 今回の千川小学校はこの点前庭が広く取れています。プールも解体して、
全面を芝生化すれば、それこそ貴重な都市空間ができます。

(亀井談)



平和小学校、昭和45年築は、取り壊しが始まっている。
2013_1_24_5.jpg



これは、解体後、美術館のような郷土館のような複合施設に建て替わります。
この建築も千川と同時期の合理主義建築で、平成11年ころには学校機能はなくなって、映画やテレビの撮影場所として昭和期の第2次ベビーブームを都市部で過ごした方には、全くしっくりの学校建築として働いてきたたわけです。
こうした経歴からしても、本来は解体前に建築の葬式ぐらいあってしかるべき建築です。
豊島区では、すっきりとしたフォルムの建築はこの2件だけです。  
後は、要小学校、千早小学校など、現在も現役の学校があるわけですが、これらはややイデオロギーに希薄です。小生は別段現代合理主義建築の信奉者でも何でもありませんが、建築の文化性にはこだわるものの1人です。
 
一方平和小学校は千川より高さがある建築のため、やや引きが足りない。
達者な設計者は既存の有効な空間を勘案してデザインしますが、いずれにせよ、建築と合わせて、道路や広場のバランス、周辺街区との絵画性が評価されるべき事もすでにお話ししたと思います。(亀井談)


要小学校 昭和38年築
2013_1_24_4.jpg

ひさしがだんどん短くなってきてる。古ければ合理主義は少なくなってる。

鉄筋が増築のために残されている。
庭や校舎は道路拡張でななった。現代の人はこだわりがなくなってる
2013_1_24_2.jpg


応援団最年少の若き建築家の卵は、さっそうと自転車で御茶ノ水の大学院まで走り去った。
2013_1_24_3.jpg


| イベント | 00:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

第13回定例会

1月10日18時半よりスマイル中野で第13回定例会を開きました。
12名の参加です。

茅葺屋根の細田邸の傾倒調査を再度して、傾きが進んでいたら、つっかえ棒工事の必要があるかどうか検討したい。前回の調査で北東に4センチ傾いてました。

新しいパンフレット作りは、文章を追加で検討します。
新バージョンはこちら。

旧河井医院の記録の小冊子作り、6月をめどに仕上げたい。写真担当、編集担当が決まりました。感想をみんなで書きましょう。

三岸アトリエでは、当応援団の宮崎先生が2月10日に哲学堂公園内の建物についての講演会が決定しました。詳細はこちら

町歩きは、提案があったら決めましょう。

こないだの町歩きで尋ねた新井薬師の土日画廊で、当応援団の山田さんのお雛様と絵のグループ展があります。チラシができたら知らせます。

ボランティア保険に入りませんか?

他の応援団との交流、近郊へのバスツアー、近代建築総覧を見ながら中野区の存続危惧建物調査をしませんか?

本日は、文化財や町並み保全のための調査や運動への取り組みで知られる前野先生が参加、当応援団団員で中野区在住です。とても興味深いお話が聞けました。
保存は文脈がないと失敗する。保存の3原則、清潔、使える、価値を見出す、が大事など。

次回の定例会は2月15日(金)スマイル中野です。

| 定例会 | 01:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

謹賀新年

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

| 情報 | 01:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |