中野たてもの応援団

歴史的建造物についての勉強会や、建物見学会などを通して、私たちの身近である建物を大切に思う気持ちを共有し、これからの中野のまちづくりに活かしていく方法を探っていきたいと思っています。

<< 2013-08- | ARCHIVE-SELECT | 2013-10- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

第21回定例会

13名の参加でスマイル中野で定例会を開催しました。

28日土曜日の茅葺民家のお掃除会報告、次回のお掃除会はイベントをからめたらどうか?
茅葺民家の落ち葉に苦情がきているようで、応援団として嘆願書を検討しています。

応援団パンフは地域活動センターによっては、置いてくれないようです。
歴史民俗資料館のパンフを見て、本日体験参加の方がいらっしゃいます。
引続きパンフをみなで配りましょう。

昨年解体された河井医院の小冊子製作は来月の定例会までにおおまかに作ります。担当Tより

三岸アトリエより、10月18日~23日、油彩の土居直紀展を開催します。12時~17時

郵政建築のスライド会上映しました。

次回は11月5日です。
スポンサーサイト

| 定例会 | 23:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

茅葺民家のお掃除会&傾き修復

秋晴れの中、まだ蚊は多かったですが、落ち葉掃き、草むしり、銀杏拾い、大工さん参加で傾きのためのつっかえ棒を作りました。大きく一歩前進という事でしょうか。
石丸哲也さんによる屋敷林の視察はご本人急用のためとりやめになりました。またいつかお願いしましょう。

木漏れ日の光が暖かい。
2013_9_29_16.jpg

団員8名、飛び入りお手伝い3名、オーナーさんの12名の参加でした。
2013_9_29_13.jpg

台風で折れた枝を片付けたり、草むしり

2013_9_29_14.jpg

縁側の下の材木をそろえた長さに切りました。
この材木を使ってつっかえ棒の一部にできないか検討します。
2013_9_29_9.jpg

何本だったか?この3倍くらいか?
2013_9_29_8.jpg

すっきりしました。
2013_9_29_3.jpg

男衆が木を切ってる間に女衆は銀杏拾い
2013_9_29_11.jpg

水をためたバケツの中に種を出します。
2013_9_29_5.jpg

何度も水で洗いました。軍手が便利。
2013_9_29_6.jpg

ざるに広げて乾かしますが、毎年やってるオーナーさんのOKが出ません(汗)
なんども洗ってやり直しました。くさいよー!
食べるだけだったけど、こんなに作業があったのね。みんなでわけっこして持ち帰りました。
2013_9_29_4.jpg

屋敷林には必ず1つある
2013_9_29_1.jpg

小便器は植木鉢になりそうね。
2013_9_29_2.jpg

オーナーさん、この木は、ひーひーひーじいさんが植えたそうです。江戸時代?
2013_9_29_10.jpg

これは梅?と聞きましたが、わからないそうです。なんだろう?
2013_9_29_12.jpg

沢庵小屋
2013_9_29_7.jpg

ゆずもたくさんできるそうなので、次回のお掃除会はゆずに合わせたいですね。

| 活動記録 | 22:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

茅葺民家のお掃除会&屋敷林の視察

9月28日10時~14時頃まで、中野区の最後の茅葺民家でお掃除ボランティアをします。
2013年5月26日に鷺宮囃子のイベントをした茅葺民家です。中野区白鷺です。

お掃除をして、窓を開けて風を通しましょう。
2013-05-04-13.jpg

今回は、山歩きハイキングなど多数の著書の石丸哲也さんによる屋敷林の視察もあります。
屋敷林には様々な植物、樹木があるので、解説が楽しみです。
蚊に注意、トイレはないので近所の公園です。
参加をご希望の方はご連絡ください。
事務局十川
y-sogawa@tubu.jp

| 活動記録 | 23:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

特別見学会 「郵政建築の名作を見る」

2013年8月末で閉館となった逓信総合博物館を元郵政相建築部の応援団メンバーKさん企画の
見学会をしました。応援団メンバー限定で定員10名で募集のところ19名の参加でした。
3時間に及ぶ見学会の案内を美人学芸員2名でつとめてくださってありがとうございます。

特徴的なのは庇建築です。昭和39年築取り壊しは2014年以降とのこと、2014年3月からソラマチに移転します。
明治から110年の歴史のある逓信博物館です。
2013_9_19_1.jpg

天井の三角に合わせた照明
2013_9_19_3.jpg

Kさんの解説によって見学は始まりました。
2013_9_19_2.jpg

大手町の郵政スクエアの国際郵便局も取り壊しが決まってるので見納め
2013_9_19_5.jpg

庇建築は、郵政省でよく採用された。
外務省の実施設計を進めていく過程で、当時郵政省で進行中の庇スタイルを外務省にも採用したということ
です。その後、用地買収が大変になって、ひさしが撤退しているが、いまだに残ってるものもある。

屋上から見学しました。三角形のとても手の込んだ細工です。現在はとてもできない。
2013_9_19_4.jpg

玄関ホールの金屏風のタイル
逓信博物館金屏風


庇と丸柱は、すっきり感が出て、神社にみられる日本的なものだ。
2013_9_19_9.jpg

館長室の隣の協議委員会を開く部屋で解説を聞きました。
2013_9_19_8.jpg

ソラマチで!
2013_9_19_7.jpg

建設当初のタイル。40度の熱や重い展示品などの納入時にタイルは破損していき、ここにのこってるくらい。
2013_9_19_6.jpg

講堂は、49年前のままほとんど変わっていない。
逓信博物館講堂の壁面


講堂の壁は4種の色の違うタイル
2013_9_19_15.jpg

郵政フォント
2013_9_19_12.jpg

郵政フォント
2013_9_19_19.jpg

マジョリカ風タイルは、三角形で角の部分も凝ったつくりになっている。
2013_9_19_13.jpg

庇建築に合わせて、1階部分は耐震補強をあとからつけている。
2013_9_19_11.jpg

特別に地下の収納庫を見せていただきました。
明治時代のポスト
2013_9_20_1.jpg



平賀源内発明のエレキテルは国の重要文化財、年間60日しか公開できないし、補修も禁止されているので、色は文化財指定時を維持しています。
内部も見せていただきました、静電気発生装置で乾燥している季節には、摩擦を利用して火花が起きるそうです。
医療用具として使っていたそうです。
2013_9_19_16.jpg

案内役のKさんが現役時代に描いた図面、京都中京郵便局の明治建築の外壁保存を担当、現場監督まで務めたそうです。まだ図面が残ってたとうれしそうなKさんでした。
中京郵便局立面図


追記 2014年12月26日解体中
2014_12_27.jpg


| イベント | 00:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

第9回伝技塾開催のご案内

第9回伝技塾開催のご案内

今年も伝技塾を開催いたします。第9回となる今回のテーマは、
『木を最良の姿に引き出す幻の技 ー水中貯木による乾燥の不思議ー 』

3回連続講座
第1回目10月18日金曜日 JR総武線大久保駅徒歩5分学生の家にて
18時半より 2000円 定員90名

「暮らしにいきづいてきた木の文化」講師 須藤護 著書「木の文化」龍谷大学国際文化部教授

講座の詳細はこちら

お申し込みは伝統技法研究会(大澤)まで。
メール : dengi@kta.biglobe.ne.jp


| 情報 | 10:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ニコライ堂と付属建物の文化財的価値講演会

10月14日14時より、建築史家、文化庁文化財審議員の河東先生の講演会があります。
場所は御茶ノ水ニコライ会館です。主催は日本ハリストス正教会 東京大主教区。



詳細はこちら

| 情報 | 15:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

第20回定例会

スマイル中野にて、10名の参加で開催されました。

好評だった茅葺民家でお囃子を聞く会の2回目の日程調整。
植物学専門家に解説を依頼したらどうか。
森のカフェ、銀杏を売ったらどうかの提案。
雨対策、寒さ対策。
傾いている茅葺民家を補修の下見は依頼しています。

応援団パンフを地域活動センターに置くには、区役所の地域活動推進科で置いてくれるかどうかを聞く必要があるようで聞いてみます。
効果的な所に置きたいですね。中野観光協会へ問い合わせてみます。

河合医院小冊子作りは担当者が忙しいので止まっているがなんとか進めたいものだ。

三岸アトリエでは、10月18日~23日まで、土居直紀個展をします。

8月4日に、取り壊される杉並区の洋館の見学・調査協力をしました。

町歩きを計画しましょう。

次回は9月30日です。

| 定例会 | 00:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |