中野たてもの応援団

歴史的建造物についての勉強会や、建物見学会などを通して、私たちの身近である建物を大切に思う気持ちを共有し、これからの中野のまちづくりに活かしていく方法を探っていきたいと思っています。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

建築家土浦亀城(1897~1996)と妻信子(1900~1998)を 紹介する展覧会

■会期:平成26年3月15日(土)~ 5月18日(日)
■会場:江戸東京たてもの園 展示室
■主催:東京都 江戸東京たてもの園
■休園日:4/14(月)、 4/21(月)、 5/7(水)、 5/12(月)

 江戸東京たてもの園開園20周年を記念する展覧会として、 建築家土浦亀城(1897~1996)と妻信子(1900~1998)を 紹介する展覧会を開催いたします。
 土浦亀城は1897年(明治30)に生まれ、1919年(大正8)東京帝国大学建築学科に入学。大学時代に、アメリカ人建築家フランク・ロイド・ライト設計の帝国ホテルの建設に関わります。卒業後は、妻の信子とともにアメリカに渡り、1923年から25年までフランク・ロイド・ライトの事務所で学びました。アメリカから帰国後は、住宅をはじめとして、集合住宅やホテルなど多くの建物を設計しました。
 なかでも1935年(昭和10)に建てられた土浦亀城邸は、白い箱型の外観、居間を中心とした間取りなど、近代的な都市住宅です。1995年(平成7)には東京都有形文化財(建造物)に指定されています。また、土浦亀城建築事務所が所蔵していた建築図面類は、2002年(平成14)に江戸東京博物館に寄贈されました。
 この展覧会では、土浦亀城邸を中心に、建築家土浦亀城と、ともに活動した妻信子の住宅作品を中心に、建築図面・写真・模型等を展示いたします。
スポンサーサイト

| 情報 | 23:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://nakanotatemono.blog.fc2.com/tb.php/151-4379960a

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>