中野たてもの応援団

歴史的建造物についての勉強会や、建物見学会などを通して、私たちの身近である建物を大切に思う気持ちを共有し、これからの中野のまちづくりに活かしていく方法を探っていきたいと思っています。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

旧田村邸お掃除

 最後のお別れ会、6月3日(日)に向けて、13日と25日にお掃除ボランティアを団員と、造園関係の専門家の方が蔵書整理をしました。

 昭和19 年に佐々木孝之助が自ら設計した住まいを、戦後、我が国の造園学の創始者といわれる田村剛が購入し住まいと研究所として使われてきました。しかし残念ながら近々取壊される予定です。

玄関、洋室、居間と続いています。洋室は一段下がるが、畳の部屋に座った人と目の高さが同じになるように計算されている。造園家なので、居間から庭が眺められるように工夫されている。雪見障子で庭が見えるようになっている。
戦時中ですが、とてもよい材料を使っている。などの特徴があります。

風情のある玄関
2012-05-25-15.jpg

一段下がった洋室
2012-05-25-23.jpg

床柱に竹、床の間の上も竹で編んでます。
2012-05-25-20.jpg

新入団の団員Mさん、さっそくお掃除
2012-05-25-25.jpg

陶器製のりっぱな炉
2012-05-25-21.jpg

襖はもみがみ
2012-05-25-22.jpg

造園関係の蔵書
2012-05-25-18.jpg

これはすばらしいと作庭記に見入る団員達、昭和19年造園法の復刻版

2012-05-25-17.jpg

桐の箱
2012-05-25-16.jpg


2012年6月3日の最後のお別れ見学会をします。
スポンサーサイト

| イベント | 23:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://nakanotatemono.blog.fc2.com/tb.php/19-dddb1b89

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>