中野たてもの応援団

歴史的建造物についての勉強会や、建物見学会などを通して、私たちの身近である建物を大切に思う気持ちを共有し、これからの中野のまちづくりに活かしていく方法を探っていきたいと思っています。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

真夏の見学会

2015年8月15日、暑い中、参加者10名で見学しました。

オーナーさんがひっそり暮らしたいというので、外観写真など特定できる写真ははぶきます。
木造2階建て1933年築、外壁材は下見板張り。茶室付
金庫屋さんが施主、戦後現オーナーさんの父親が購入。

15年前に修復した。当時はボロボロで庭もひどかったが、庭の手入れに15年かかった。
修復した伝統技法研究会の角野さんが説明をしてくれました。 江戸からの古い作り方を残しつつ、合理的に中廊下を作って各部屋へいけるように作っている。

茶室の垂木が、軽快。茶室なので、軽めに作ってる。。銅板と垂木の下の竹も修復。雁行型の屋根。
2015_8_15_1.jpg

床の間は通常より幅が広めに造り、部屋を広く見せている。大工のこだわりを感じる。
2015_8_15_2.jpg

5丁目の本宅を解体する時に部材を残しておいて、修復した時に使った。細部まできれいな欄間
2015_8_15_3.jpg

茶室はフローリングに変えてるが庭が見えて素敵な空間に
2015_8_15_4.jpg


その後、中西アトリエを外から見て、いまはなき旧河井医院、解体されデザイナーズマンションに変わったとこを見て解散。
河井医院小冊子もございます。
スポンサーサイト

| 活動記録 | 00:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://nakanotatemono.blog.fc2.com/tb.php/290-5caa43bb

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>