中野たてもの応援団

歴史的建造物についての勉強会や、建物見学会などを通して、私たちの身近である建物を大切に思う気持ちを共有し、これからの中野のまちづくりに活かしていく方法を探っていきたいと思っています。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

まち歩き・中野坂上のお知らせ 11月20日

なかのまちめぐり博覧会2016参加イベント 
まち歩き+魅力発見!『歩いて・見て・感じた中野をマップにしよう』再募集のお知らせ
2016年11月20日(日) 13:00~17:00

ご好評の声とともにお問い合わせの多かった今回の企画について、改めて募集のお知らせをいたします。今回の企画は、「まち歩き」と、歩きながら、みんなで中野の新しい魅力を見つけようというイベントです。

まち歩きは、かつての中野のメインストリートを辿るルートです。中野の古刹、宝仙寺にはかつて中野町役場が置かれていました。今はビルが林立する青梅街道ですが、かつては中野の中心地で、地場産業であった製粉や醸造に関わる商家などが軒を連ねていました。戦災に会いながらも、町にはかつての地形が残り、神様を祀り、人々の生活は連綿と続いてきました。

スタッフが何度も、まち歩きルートを試し歩きし、ようやく下記の通りルートが決まりました。普段目にすることのない、名建築や戦火を生き延びた人々の暮らしを一緒に辿りましょう。

また、新しい中野の魅力のことを、私達は『中野の中の、なかなかのもの』略して“中なか”と呼ぶことにしました。

今回は、まち歩きをしながら、みんなで“中なか”を見つけようという取り組みです。地図を作るのはその記録作業。あなたが見つけた“中なか”を記録して、中野の新しい地図を作っていきましょう。

主なルート

宝仙寺山門集合→ヤマ政醤油醸造所の煉瓦塀→明徳稲荷→フランス瓦の小住宅→白玉稲荷→慈眼寺(移築された追分道標)→丘の上の近代住宅群→桃園区民活動センター

0_20161114234252732.jpg 0 (1)


変更がありますのでご注意ください。
12月11日(日)13:00~、同会場にて地図作りの続きを行ないます。

これはトライアルで作成した団長作の地図です。こんな感じにできたらいいですね。
2016_11_14_2.jpg 

昭和16年の地図を持って歩きましょう!
2016_11_14_1.jpg 

デジカメのある方は できるだけメモリーを空にしてお持ちください
主催   中野たてもの応援団
集合場所 宝仙寺山門(中野坂上駅徒歩10分)
最終地点 桃園区民活動センター(中野駅徒歩10分)
参加費  500円
問合わせ 中野たてもの応援団   当日連絡先TEL09080560327
残 16名です。お早めに!
お申込締切は、11月18日まで!


スポンサーサイト

| イベント | 23:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://nakanotatemono.blog.fc2.com/tb.php/396-2667c80a

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>