中野たてもの応援団

歴史的建造物についての勉強会や、建物見学会などを通して、私たちの身近である建物を大切に思う気持ちを共有し、これからの中野のまちづくりに活かしていく方法を探っていきたいと思っています。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

かどや酒店・中野

中野の中のなかなかのものシリーズその1
中野と東中野の中間の早稲田通り沿いにある築75年のかどや酒店は、ほぼ竣工時のままで営業を続けています。
2017_6_25_2.jpg 

変えたのはシャッターのみ
2017_6_25_3.jpg 

店内の水洗い場
2017_6_25_7.jpg 

沼袋にある東京飲料製造のサイダーに中野サイダーと名付けて販売
ちょっと塩味でおいしいです。
2017_6_25_6.jpg

おつまみおいしい。

2017_6_25_5_20170625235455182.jpg 


ワイン70種あります。
2017_6_25_8_20170625235500286.jpg 

たばこ売ってます
2017_6_25_4_20170625235454e6f.jpg 

祖父が建てた酒屋、とても愛着があるそうです。何度かの建て替えも考えましたが、タイミングがあわず、「ここまで」来たそうです。1946年築
建物について
軒蛇腹が廻り、庇やバルコニーの笠木、1階の東側の卯立に瓦が葦かれた風格ある造りとなっている。西側の腰壁は海鼠壁となっている。奥は下屋となっており鉄扉が取り付いている。ここは店に接続した倉庫である。バルコニーに付けられた金色の文字看板が印象的である。曲面ガラスやモザイクタイルが用いられ賑やかさを加えている。店の天井は格天井で、棚板やモザイクで形作られた地流しなどは当初のままである。入り口の木製ガラス戸は取り外され現在はシャッターに替えられた。(引用:中野を語る建物たち)

中野区
上高田1-34-2
03-3361-1401

地図
map.jpg 


スポンサーサイト

| 情報 | 00:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://nakanotatemono.blog.fc2.com/tb.php/439-8bd6669f

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>