中野たてもの応援団

歴史的建造物についての勉強会や、建物見学会などを通して、私たちの身近である建物を大切に思う気持ちを共有し、これからの中野のまちづくりに活かしていく方法を探っていきたいと思っています。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

伝技塾からのお知らせ

伝技塾からのお知らせです。



石は力強い存在感のある材料ですが、石の空間に包まれているとなぜか柔らかな温もりを感じます。身近な材料として石蔵、基礎石、門塀、擁壁、また屋根材にも使用されてきました。加工技術が進むにつれ、かつての手仕事の技は失われ、また輸入品に押されているのが現状です。
  今回の伝技塾では関東の石を中心にその歴史を辿り、石本来の魅力を今後に活かす課題に向き合ってみたいと思います。

坂長 石蔵(古河市)
無題


第2講  11月16日 (金)
     『大谷石蔵の構造補強について』
 『大谷石建築の構法と歴史』    講師:小西敏正
      (宇都宮大学名誉教授・札幌市立大学)

第3講  12月12日(水)
    『石工の技術の変遷を通して』   講師:小林善勝
    ((有)日本石材研究所・(株)小林石材工業)
※体感ツアー 11月25日(日)参加費別途
『房州石の採石場跡を訪ねて』案内人:鈴木裕士(金谷ストーンコミュニティー委員長)

・会  場:東京芸術劇場 シンフォニースペース(池袋西口駅前) TEL03-5391-2211
・時  間:18:30〜21:00 (開場18:15)      
・定  員:各90名(要申込)        
・申  込:伝統技法研究会(大澤)TEL/FAX/メール TEL 03-3367-1165FAX 03-3367-1175   
・参 加 費:一般2,000円 (3回通5,000円)  メ-ル: dengi@kta.biglobe.ne.jp
伝技会員1,500円(3回通4,000円)・学生:500円
スポンサーサイト

| 情報 | 00:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://nakanotatemono.blog.fc2.com/tb.php/47-8257b32a

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>