FC2ブログ

中野たてもの応援団

Archive2012年09月 1/1

第10回定例会

No image

9月24日、スマイル中野で10回目の定例会が開かれました。大雨の中、11名出席しました。先月に続き期待の大型新人Tさんが入団しました。 旧河井医院お別れ見学会報告8月23日調査、26日見学会63名参加しました。9月3日部材取外し作業をしました。今後、この部材をどこへ置くか、考えましょう。 10月の定例会は中野区男女共同参画センターを一度使ってみましょう。 9月23日の上高田町歩き報告大雨でしたが、13名が参加し、垣根、土日...

  •  0
  •  0

上高田町歩き

上高田界隈は中野の農家の原風景を残している少ないエリアです。細井家と鈴木家は近いので、土日画廊と合わせて見学しましょう。 雨が降ってましたが、西武新宿線新井薬師駅に13時半に待合せ、応援団伊郷先生の説明を受けています。14名参加。入団希望のTさんも初参加です。 わりとよく気がつき機敏に動く男性、希望の新人です。 垣根の垣根の曲がり角 たき火だたき火だ落ち葉焚き~ の童謡にでてくる垣根を見学。作詞の巽聖歌...

  •  0
  •  0

伝技塾からのお知らせ

伝技塾からのお知らせです。 石は力強い存在感のある材料ですが、石の空間に包まれているとなぜか柔らかな温もりを感じます。身近な材料として石蔵、基礎石、門塀、擁壁、また屋根材にも使用されてきました。加工技術が進むにつれ、かつての手仕事の技は失われ、また輸入品に押されているのが現状です。  今回の伝技塾では関東の石を中心にその歴史を辿り、石本来の魅力を今後に活かす課題に向き合ってみたいと思います。坂長 石...

  •  0
  •  0

上高田町歩きのお知らせ

No image

中野たてもの応援団、9月は、寺町として知られる上高田を歩きます。江戸期から関東大震災以前の農家の屋敷構えを今に伝えるH家、同じく農家の遺構を残し、童謡「たき火」発祥の地でもあるS家、戦後の住宅をギャラリーとして活用している「土日画廊」、萬昌院功運寺などを巡ります。9月23日(日)13:30~16:00頃集 合: 西武新宿線新井薬師前駅南口参加費:500 円(資料代・手土産代として)参加申込:中野たてもの...

  •  0
  •  0

旧河井医院での作業

先週の日曜日にお別れ見学会があり、あと数日で取り壊されるので、レリーフなどを外して保存という作業を、杉並たてもの応援団メンバーと一緒にしました。 玄関すぐ上のレリーフ、まわりを板で固めて、ノコギリで切ります。 野縁、のぐちがひっかかってる?接木が切れない? などで作業が難航しましたが、なんとか外せました。 外した跡 とりあえず倉庫に置いておくことになりました。 玄関を入って突き当りの壁の上のきれいな赤...

  •  0
  •  0